用語集

愛(源)とは 愛の源に繋がって生きる

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
パワーの源

Q.愛(源)って何?

A.愛のことです。この世界のすべてを創造した愛の根源だから愛(源)です。

Q.神とは違うの?

同じです。神という言葉は誤解を招きやすく、人から離れた存在のような印象を与えるため、愛(源)という呼び方になりました。神様のご希望です(笑)

Q.愛(源)という言葉がピンと来ないけれど、なぜその言葉を選んだの?

A.

1.人は無目的に根無し草のように生きています。命の根源にしっかりつながって生きることが大切です。

2.同じ愛のみなもとから始まったということは、すべてはひとつということです。私達は愛そのものだから、自分自身がみなもととして生きるようになります。人はゴミのような存在ではありません。神のせいにしたり、頼るのではなく、自らの愛を生きられるのが愛(源)としての在り方です。

3.愛という言葉は美しいようでふわっとしています。愛(源)があるということは、始まりの意志があるということです。もっとも素晴らしい愛を体験するのが、愛(源)の目的です。もっとも素晴らしい愛とは、このHPのタイトルでもある「ひとつの世界」です。

Q.神が人に語りかけるなんて本当?

A.すべてを創造したみなもとですから、言葉ぐらい朝飯前です。どちらかというと、愛(源)を見ようとする人間がほとんどいなかっただけのようです。

Q.高次の存在などとは違うの?

A.根源の存在だから愛(源)です。そんな素晴らしい存在とコミュニケーションできるはずがないと思っていると、感じられません。今の世界がそうです。一番素晴らしい存在(愛)は最も近くにいます。意識の合わせ方によって、色んなところにピントが合うからこそ、愛(源)に合わせることが肝心です。

Q.愛(みなもと)とコミュニケーションをとることはできるの?

A.愛(源)のエネルギーとの対話メールで可能です。本当の自分(=源)の声を聞くことができます。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

生き方について 具体的な方法

愛や理論をわかっても、やれる方法がなければいい話だな~で終わります。

1.本当の自分になる
2.さとりを体験する
3.世界を変える

全部やれます。これをやればいいという要点をまとめましたので、ご覧ください。

詳しいやり方はこちら

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>